*


iPhone 4sのバッテリー交換!自分ですると安く修理できたぞ!

公開日: : 最終更新日:2017/12/07

【この記事の所要時間:約 3 分】

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーなので、長年使っているとどうしても劣化してしまいます。

私のiPhone4sはまだまだ現役で使えますが、バッテリーの劣化が激しく、バッテリー残量の減り具合が半端じゃありません。

iPhoneのバッテリー交換はApple公式サポートでやってくれますが、ぶっちゃけ10,000円は高すぎます。

安くて早い方法はないかと考え、たどり着いたのは自分で修理する方法でした。

Sponsored Link

iPhoneのバッテリー交換の料金について

iPhoneのバッテリー交換の料金を見てみると、Apple公式サポート(ジーニアスバー)では9,400円(税抜)、修理業者へ依頼するとだいたい5,000円〜9,800円と高額です。

もちろんキャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)で頼んでもAppleがバッテリー交換を行うので10,000円かかってしまいます。

しかし自分でバッテリー交換をすると、それよりも約半額以下で交換することができます。

自分でバッテリー交換すると安いし早い!

iPhoneのバッテリーは「自分で修理」というサービスを利用したほうが圧倒的に安いですし早いです。

自分で修理.com

端末 バッテリー交換の料金
iPhone6 3,980円
iPhone5c 3,480円
iPhone5/iPhone5s 2,980円
iPhone4/iPhone4s 2,980円

上記のようにかかる費用はほぼバッテリー代のみなので非常にお得です。

実際に私も古いiPhone4sでバッテリー交換をやってみました。

iPhone4sのバッテリー交換をやってみた

自分で修理.comでiPhone4s用のバッテリー交換キッドを購入し、実際にバッテリー交換をやってみます。

バッテリー交換キッドは注文後すぐにゆうパケットにて届きました。

交換キッドの内容はこちら。iPhone4sバッテリーとドライバーや必要な工具、取扱説明書が入っています。

実際の修理に使った工具がこの4つ。全ての工具を使う必要はありません。

早速iPhoneの下にあるネジを外し、本体を開けていきます。

そしてバッテリーを本体から取り外すために2つのネジを外します。

少しわかりにくいですが、ネジの下にある黒いパーツを外します。
(わかりにくい方は動画をご覧ください)

本体からバッテリーを取り外します。付属の黒いヘラみたいなもので外してください。

透明のテープを持ち上げながらバッテリーを外します。

バッテリーを外したら、新品のバッテリーを取り付けていきます。

あとは上記の手順から戻るだけです。

ネジもしっかりと締めます。

交換後、ちゃんと電源も入りました!


バッテリー交換後、数週間使いましたが、バッテリーの持ちも良いです!

特に何も問題なく動いてくれています^^

(バッテリー交換のやり方が分からない方は、動画を見ながらやると分かりやすいと思います)

最後に

iPhoneのバッテリー交換をやってみましたが、動画を見ながら行えば数分で交換が完了します。

正直バッテリー交換自体は簡単なので、業者に頼むまでもないかと思います・・。

iPhoneを誰かに渡す心配がなく、自分ですべて完結するのも良いですね。

iPhoneのバッテリーが劣化してきたなと思う方は是非試してみてはどうでしょうか。

自分で修理.com

Sponsored Link



合わせて読みたい記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



prof

☆SNSもよろしくお願い致します☆

follow us in feedly


ライフハック男子ブログ管理人です。

趣味は筋トレと仮想通貨。

8月に仮想通貨に参入しました。基本雑記系ですが、仮想通貨の記事も随時アップしていこうと思っています。

PAGE TOP ↑