Sponsored Link
【Safari】iTunesサイトを開いてもiTunesが勝手に起動するのを抑制する機能拡張「NoMoreiTunes」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ウェブサイトでアプリを調べることってありますよね。

Macの場合、アプリを調べているとiTunesサイトへ飛びます。iTunesサイトに入ると必ずiTunesも起動してしまいますよね^^;

あれって結講うっとおしいというか、いちいち起動してPCが重たくなっちゃうんですね・・。

その場合のために今回は、iTunesサイトを開いてもiTunesが勝手に起動するのを抑制する機能拡張「NoMoreiTunes」をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

iTunes Storeの情報(iTunesプレビュー)をSafariブラウザで開くと、必ず同時にiTunesが起動してしまいます。

僕の場合もMac Book Proが非常に重たいので、いちいちiTunesが起動されると困るんですね^^;

起動してしまうと1〜2分はPCが止まるので厄介です。

そんなときは、Safariの機能拡張を使います。



「NoMoreiTunes」について

「NoMoreiTunes」はSafariで自動的にiTunesが起動されないように抑制するための機能拡張です。

ダウンロードサイトはこちら

ダウンロードして、開くと自動的にSafariに導入されます。

Safari

確認は、上部メニューの「Safari」⇒「環境設定」⇒「機能拡張」へ進むと表示されます。

無効有効を選択でき、必要なくなったらこの画面からアンインストールすることが可能です。

僕はもちろん導入していますし、iTunesを起動させたくない方は是非導入してみてください。

もちろんiTunesプレビューサイトで「iTunesで見る」をクリックするとちゃんiTunesは起動してくれますよ。

まとめ

今回の方法は、Safariのみの機能拡張です。

僕も「NoMoreiTunes」を導入する前までは、iTunesが起動する度に数分の無駄な時間を過ごしていましたね。

是非この機能拡張を導入して、効率の良いネットサーフィンを楽しんでくださいね!

>>>【Mac】Finder(ファインダー)にはてなマークがついたんだが?