Sponsored Link
iPhoneアプリの購入履歴を非表示にする簡単な方法

iPhoneのApp Storeで欲しいアプリをダウンロードすると、購入履歴リストにダウンロードしたアプリが残ります。

アプリの履歴が残ることに問題なければいいのですが、中には購入履歴から削除したいアプリもあるでしょう。

今回の記事では、アプリの購入履歴を削除する方法を紹介します。また、合わせて購入履歴を元に戻す(復元)方法も紹介しますね。

Sponsored Link


アプリの購入履歴を非表示(削除)する方法

まず、iPhoneの「App Store」アプリを開いて購入履歴を確認してみましょう。

このように購入履歴が並んでいるのですが、今回は赤枠で囲んだアプリを非表示にさせたいと思います。

それでは設定をしていきますが、設定はiTunesにて行います。

パソコンからiTunesを開いてサインインします。

アカウントメニューから「購入した項目」をクリックします。

iphone-app-restore9

「App」を選択して、非表示したいアプリのアイコン上の左上をクリックします。

iphone-app-restore7

「この購入済みアイテムを非表示にしますか?」と表示されるので、「非表示」をクリックします。

iphone-app-restore7

これでiPhoneのApp Storeにある購入履歴が消えているはずです。

きれてない場合は、一旦App Storeアプリを終了させて再度起動させてみてください。

iphone-app-restore2


非表示したアプリを表示させる方法

次は、非表示にしたアプリを表示させてみたいと思います。

まず、パソコンのiTunesのアカウントメニューから「アカウント情報」を開きます。

iphone-app-restore6

赤枠の「管理」をクリックします。

iphone-app-restore5

Appを選択して、非表示の購入済みアイテムから表示させたいアプリを選択します。

アプリアイコンの下の「表示する」をクリックすればオッケーです。

iphone-app-restore4

これで非表示アプリがiPhoneのApp Storeに再度表示されます。

今回は、ファイナルファンタジーポータブルアプリを非表示にさせて、再度表示させてみました。

securedoiphone-app-restore2wnload-10

まとめ

購入済みアプリの表示、再表示はiTunesから行います。

特に非表示にする必要がない場合はそのままでいいと思いますが、誰かに見られたくない場合は設定しておきましょう。

関連記事>>>【保存版】iPhoneに必ず入れておきたいアプリ46選