*


【Safari】機能拡張 Evernote Web Clipperが超オススメ!

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 , ,

【この記事の所要時間:約 3 分】

http://www.iconarchive.com

インターネットを毎日使っていたら、保存しておきたいページや気になる情報を保存しておきたくなりますよね。

そんなとくに役に立つのは機能拡張「Evernote Web Clipper」です。

「Evernote Web Clipper」があれば、好きなときにワンクリックでページをまるごと保存できるので非常にオススメです。

Sponsored Link

「Evernote Web Clipper」のインストール

Evernote Web Clipperは、下記ブラウザーにて導入することができますので、ご自分がメインで使っているブラウザーに導入してみてください。

Google Chrome用のインストール

Firefox用のインストール

Safari用のインストール

今回は、Safariの機能拡張をベースにご説明していきますね。

ダウンロードファイルをインストールすると、自動でインストールされます。

evernote9

インストールされると、Safariのツールバーにアイコンが表示されますね。

evernote2

 

アイコンをクリックすると、ポップアップが開くのでご自身のEvernoteアカウントへサインインを行います。

アカウントをお持ちでない方は、新規アカウントを登録してください。

「Evernote Web Clipper」の設定と使い方

Evernoteのログインが完了すると、特に設定することなく使えるようになります。

ご自分が興味のあるページ上でアイコンをクリックするとポップアップが開き、オプションの選択画面が表示されます。

evernote10

クリップの種類は下記の通りです。

  • 記事
  • 簡易版の記事
  • ページ全体
  • ブックマーク
  • スクリーンショット

[記事]は、その名の通り記事のみを保存することができます。

evernote12

[簡易版]は記事本文のみをシンプルに表示してくれる機能です。

evernote11

[ページ全体]はその名の通りページ全体を保存することができます。

evernote14

[ブックマーク]はページをブックマークとして保存することができます。

evernote13

[スクリーンショット]は、ページ内の必要な箇所を撮ることができます。

evernote6

ページ保存時の同期中はこのように表示されます。

evernote5

ページにもよりますが、わずか数秒で同期が完了します。

また、クリップを共有することができます。

ページの保存が完了すると、共有ボタンが表示されますので、各SNSやメールなどで共有することが可能です。

evernote4

[共有一覧]

  • Linkedin
  • Facebook
  • Twitter
  •  G+
  • メール
  • URLの共有

さらに共有時にページの編集を行うことが可能です。

evernote7

最後に「保存」をクリックすると完了となります。


最後に

Evernoteは、ウェブ版とアプリ版があり、同期を行うことでどちらからでもアクセスすることができます。

アカウントがあれば、iPhoneやAndroidなどのスマホから保存したページを簡単に閲覧することができるわけです。

ちなみにウェブ版はこんな感じ。

evernote8

シンプルで見やすい表示になっています。

私自身はEvernoteクリップをあまり活用してなかったんですが、
いざ導入してみると「なんで今まで使ってなかったんだ〜!」

と叫びたくなるぐらい便利で使いやすかったんです。(笑)

今まではすべてSafariのリーディングリストとブックマークで済ませていたんですが、これからは併用して使おうかなと思っています。

Evernoteで保存しておくとウェブページが消えても閲覧可能なので、ず〜っと残しておきたいページはEvernoteを活用すると良いでしょうね。

めちゃくちゃ便利なので是非とも導入してみてください!

Sponsored Link



合わせて読みたい記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



prof

☆SNSもよろしくお願い致します☆

follow us in feedly


ライフハック男子ブログ管理人です。

趣味は筋トレと仮想通貨。

8月に仮想通貨に参入しました。基本雑記系ですが、仮想通貨の記事も随時アップしていこうと思っています。

PAGE TOP ↑