*


画像を後から読み込むWordPressプラグインLazy Loadが便利です

公開日: : 最終更新日:2016/11/02

【この記事の所要時間:約 2 分】

どうもWordPressの表示が遅い・・そんな悩みをちょっぴり解消してくれるのがこの「Lazy Load」というプラグインです。

表示速度に関わってくる画像の読み込みは、後から読み込ませることを推奨しますね。

Sponsored Link

Lazy Loadとは?

「Lazy Load」というプラグインは画像を後から読み込ませるためのプラグインです。

このプラグインを導入することで、ページ全体の読み込み速度を改善させることができます。

やはりユーザーによって快適に読み込むサイトは気持ちいいものですからね。

インストール

方法1

プラグイン→新規追加→「Lazy Load」と検索し、インストールをします。

インストール後、有効化をします。

方法2

公式ディレクトリからzipファイルをダウンロードする場合、新規追加からアップロードを行います。

「Lazy Load」の設定方法

「Lazy Load」は基本的に有効化するだけでオッケーです。

ただ、どうも表示がおかしいという場合は一部編集を行います。

プラグインページから編集をクリックします。

スクリーンショット 2014-09-29 17

プラグインファイルの上から2番目、「lazy-load/js/lazy-load.js」をクリックします。

スクリーンショット 2014-09-29 17

画像にある数値を300〜400に変更する。

Sponsored Link

スクリーンショット 2014-09-29 17

これでスムーズに表示できると思います。

全体の読み込み速度が改善!

私もこのプラグインを導入していますが、画像が後から読み込まれるようになりました。

そのため全体の読み込み速度が改善され、なんとなく速く表示されるようになりました。

 

どうしてもページ全体が重たいという方はこのプラグインを導入してみてくださいね。

では!

Sponsored Link



合わせて読みたい記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



prof

☆SNSもよろしくお願い致します☆

follow us in feedly


ライフハック男子ブログ管理人です。

ゆとり世代、趣味は筋トレと野球観戦。最近更新は不定期です。

PAGE TOP ↑