*


脱サラして自由に生きるために意識すべき5つのこと

公開日: : 最終更新日:2016/11/02 , ,

【この記事の所要時間:約 4 分】

こんにちは、ライフハック男子のセイヤタカタです。今回は、脱サラしたい人向けに記事を書いていこうと思います。

定年まで会社務めをして会社に身を捧げる人生に疑問を持っている人が多くいます。働き方は様々あるが、はたして自由に生きるためにはどのようにすれば良いのか?また、意識すべきことはなんなのか?

Sponsored Link

現代において、働き方が自由になったのは事実であり、特にインターネットが発達したことにより一般の人でもわりと簡単に収入を得る事ができる時代になりました。

ブログ収入、YouTube広告、メルマガ発行など様々な媒体での収益化が可能となりましたね。

副業としてネット収入がある人や脱サラしてインターネットのみで収入を得ている人もたくさんいます。

ただ、未だにその現状を知る事もなく会社務めが当たり前という考え方の人もいます。

 

なので今回は脱サラして自由に生きるための意識すべきことを紹介しますね。

1 価値観に惑わされない

まず、当たり前にある現状の価値観に惑わされないことです。

例えば、「会社務めは当たり前」や「自由がないのが当たり前」など。

これは本当に正しいのでしょうか?

周りの同僚や友人と会話していると、このような例が当たり前だと断言している人がいますが決してそうではありません。

それはあくまで過去に植え付けられた価値観に過ぎないのです。

自分でお金を生み出し、自由に収入を得ている人も多くいますし、会社務めが当たり前ではないのです。

日本の教育上、やはり労働者を増やし生産性を上げるために「就職するのが当たり前」という価値観を我々に教育していくのですが、まずはそれが本当に正しいのか、その前提を疑う事が脱サラするための意識では重要なポイントとなります。

 

好きな時間に好きな場所で、好きな服装で人間関係に悩む事なく働くためにはどうすればいいのか?どうやってお金を生み出し、ビジネスを成立させていくのか?

周りの価値観に惑わせれず、まずはこれらについて考えましょう。

2 他人と比べない

多くの人は会社に縛られた人生を送っています。言い方はちょっと悪いのですがこれは事実です。

独立後に、その人達の生き方と比べたり、周りの目を気にしてしまうと、どこかで「こんな人生で良いのか?」と疑ってしまいます。

でも、他人は他人、自分は自分なのです。

独立にはやはり下積み期間というのがあり、それが一番不安な時期なのですが、周りに惑わされてはいけません。

自分が幸せにかつ自由に生きるためにどうすればいいのかを考え、他人から受ける評価をバネにするぐらいの気持ちでなければいけません。

3 自分がすべきことを徹底的に考える

自由といえば、全く何もせずに生きるというイメージが強いのですが、我々が言う自由の定義はそれとは違います。

我々の言う自由とは上記でも書いたように、好きな時間に好きな場所で好きなだけお金を生み出す人のことを指します。

ただ、そのためには自分がこれからすべきことを徹底的に考え、目標を立てることが必要です。

すべきこと(ビジネス)が見つかれば、自分の足りない能力を身につけ、努力して埋めていく必要があるのです。

大事なのはゴールを設定することです。

ただ単に自由がほしいからといってノープランで会社を辞めても、堕落な生活が待っているのは言うまでもないのです。

努力や方向性を定め、それに向かっていく意識がなければまさしく本末転倒になってしまうのです。

4 覚悟を決める

独立して成功している人は、やはり覚悟を持って取り組んでいます。

自分が決めたことを徹底的に追求し、その時間を人一倍確保しなければなりません。

自分の武器があれば、それを磨く時間を人一倍持つべきですし、武器がなければ自分の得意とするものを見つけるべきです。

独立で必要となるのは、これなら誰にも負けないという「特化した能力」です。

例えば、イチローはホームランを捨て、ヒットを打つことだけに専念し成功しました。

バント職人の川相昌弘氏は犠牲バントに野球人生を捧げ、一時はバント練習以外のことを一切捨てたそうです。

彼らはやはり、一つのスキルを磨くことに覚悟を決めストイックに打ち込み、成功しているのです。

 

要するに独立するという覚悟も必要ですが、自分だけの特化した能力を徹底的に磨くという覚悟、そしてそのために別のことを捨てる覚悟も必要だということです。

Sponsored Link

5 パーソナルブランディング

自由にお金を生み出すために必要なのが自分のブランド力です。

自身にブランド力という魅力があれば、仕事の依頼が増えることは言うまでもないのです。

 

これは芸能人が良い例です。

「この人をこの番組に使いたい!」「この分野ならこの人しかいない」

と思ってもらえれば、こちらから営業しなくても仕事は舞い込んでくるのです。

自己ブランディングで大事なのはやはり「特化した能力」です。

そのためにはブログやツイッターなどの自分の媒体を持つことが大事です。

 

情報発信力を持ち、自身のブランドを確立できれば”フリーランス”と言えるのです。

自由に生きるために

これらのことを意識し、実践すれば自分が理想とする生き方に近づけるはずです。

そのために、今できることを確実にこなしていきましょう。

行動することが大切ですよ。

それでは。

Sponsored Link



合わせて読みたい記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



prof

☆SNSもよろしくお願い致します☆

follow us in feedly


ライフハック男子ブログ管理人です。

ゆとり世代、趣味は筋トレと野球観戦。最近更新は不定期です。

PAGE TOP ↑