*


【ICO】Latium(ラティウム)の買い方について解説 | 即完売注意!

公開日: : 最終更新日:2018/01/22

【この記事の所要時間:約 3 分】

1月11日時点ですでに完売間近案件であるLatium(ラティウム)の購入方法について解説していきます。

内容的にも面白い案件ですし、何よりもジョン・マカフィーがアドバイザーを務めるということで、これだけでも注目案件です。

Sponsored Link

Latium(ラティウム)について

Latium(ラティウム)は、企業と働く人の双方を1対1(もしくは複数人)で繋ぎ、働く条件や評価などを互いに把握して、無駄のなく双方のメリットを考えたタスクプラットフォームです。

簡単に言うとスマホアプリ上から仕事を依頼し、スピーディーな仕事依頼及び報酬支払いを可能にするプロジェクトです。

働く人の報酬は仮想通貨を通して(LATXトークンとして)支払いが行われます。

これにより、求人募集から仕事終了(報酬支払い)までの流れが簡素化(無駄がなくなる)されます。

仕事依頼側はLATXトークンを支払い、働き手はLATXトークンを貰えます。

Latium(ラティウム)の参加方法

では早速、ラティウムの登録から入金までを説明していきます。

※ラティウムのICOは完売しました

まず、ラティウムのHPへ移動します。

 

Latiumのトップページから「LOGIN」をクリックします。

「REGISTER」をクリック。

名前、メールアドレス、パスワードなどの必要項目を入力し、最後に「REGISTER」をクリックします。

利用規約などを確認して「Accept」をクリックします。

これで基本的な登録は完了します。

ログインした状態になるので、そのまま受け取り用のアドレスを同アカウントに登録します。

受け取りはERC20対応アドレスになります。(MyEtherWalletがおすすめです)

下へスクロールすると、「UPDATE ADDRESS」という文字がありますのでクリックしてください。

私はMyEtherWalletのアドレスを入力しました。入力後、「SUBMIT」をクリックしてください。

登録メールアドレス宛に確認メールが届きます。「UPDATE ADDRESS」をクリックして認証が完了します。

設定したアドレスが表示されています。これでOKです。

次に、ラティウムを購入するためにETH(イーサリアム)を送金します。送金はMyEtherWalletからを推奨します。

アドレスをコピーして、MyEtherWalletから送金を行ってください。なお、最低購入枚数は0.1ETHです。

購入後、アカウントにトークンが反映されたら「WITHDRAW YOUR COINS」をクリックします。

登録メールアドレス宛にメールが送られますので「Complete Withdrawal」をクリックします。

これでOKです。


ちなみにMyEtherWalletのカスタムトークンの設定はこちらです。

  • アドレス:0x2f85E502a988AF76f7ee6D83b7db8d6c0A823bf9
  • シンボル:LATX
  • 桁数:8

このように入力すればLATXがMyEtherWalletに反映されます!

最後に

ラティウムは内容も含め、マカフィーがアドバイザーを務めるということで話題沸騰中です。

STAGE1〜3は完売しており、現在はSTAGE4が完売間近です。最後のSTAGE5もあっという間でしょうね・・。

おそらく上場後はマカフィーラティウム砲がツイッター上で度々行われることだと思います。

すでにForbesやDAILY EXPRESSなど様々なメディアにも取り上げられており、今後も注目され続けることでしょうね。

完売間近なのでお早めに!

 

Sponsored Link



合わせて読みたい記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



prof

☆SNSもよろしくお願い致します☆

follow us in feedly


ライフハック男子ブログ管理人です。

趣味は筋トレと仮想通貨。

8月に仮想通貨に参入しました。基本雑記系ですが、仮想通貨の記事も随時アップしていこうと思っています。

PAGE TOP ↑