*


今話題のココナッツオイルの効能がスゴい!【健康】

公開日: : 最終更新日:2016/11/02

【この記事の所要時間:約 3 分】

http://www.photo-ac.com

今メディアでも話題になっているココナッツオイル。

美容や健康にも良いとされているのですが、今回はココナッツオイルの効能などを調べてみました。

Sponsored Link

ココナッツオイルが流行ったきっかけは、ミランダ・カーなど海外のセレブモデルや女優が愛用していることからはじまりました。

現在は別名ミラクルフードとも呼ばれており、日本でも様々な効能が話題となっています。

ていうか、ココナッツオイルって何?

eha0189-009

ココナッツオイルとは、ココナッツの果肉を絞って抽出したオイルのことです。

ココナッツオイルと聞くと、乾燥した実から作るイメージがありますが、今話題となっているのは、フレッシュな実から抽出するタイプのオイルです。

これを通称「エキストラヴァージンココナッツオイル」と言います。

低温圧搾製法と呼ばれる製法で作られているため、有効成分や香りを壊すことなく作られます。
この製法により、ココナッツ特有の香りを楽しめるのもエキストラヴァージンココナッツオイルの特徴でもあるのです。

では、ココナッツオイルの効能などをご紹介しますね。

ダイエット効果あり

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は他の油と違い、身体に蓄積されない特徴を持っています。

これにより、元々付いている脂肪も燃焼してくれるのです。

なので、普段の料理にもココナッツオイルを使うことでダイエットの効果が期待できるのです。

便秘解消になる

ココナッツオイルは便秘を解消してくれます。

身体に溜まった便を除去し、腸の働きを整えてくれるそうです。

冷え性が改善

ココナッツオイルを継続して摂取すると、冷え性の改善が期待できるそうです。

血行を良くしてくれるそうですね。

コレステロール値を下げてくれる

油や脂質というのは通常、コレステロールや体脂肪に変換されるのでコレステロール値を上げます。

しかし、ココナッツオイルはコレステロール値にほとんど影響を与えないそうです。

むしろ、悪玉コレステロールを減らしてくれる優秀なものなのです。

糖尿病の予防に期待できる

中鎖脂肪酸を含むココナッツオイルはインスリン抵抗性を改善し、内臓脂肪の蓄積を抑えてくれる効果があります。

これにより、糖尿病の予防や改善が期待できるとされています。

認知症やアルツハイマーの予防・改善に期待できる

アルツハイマー型痴呆症の原因として、ブドウ糖が脳細胞に吸収されにくく、栄養が供給されず脳細胞が障害を受けるのです。

ただ、アルツハイマーは根本的な原因が分かっていないのが現状だそうです。

現在、ブドウ糖に替わる栄養としてケトン体が注目されています。ケトン体は中鎖脂肪酸が肝臓で分解されて合成される栄養素です。

Sponsored Link

中鎖脂肪酸と言えばココナッツオイルですよね。

ココナッツオイルを摂取することで、ブドウ糖が吸収されにくくなった脳細胞にケトン体で栄養を補う試みがなされているそうです。

現在医学の分野においてもココナッツオイルは注目されており、現にアルツハイマーや認知症の改善のデータもあるのです。

アトピーや皮膚乾燥に効果あり

ココナッツオイルは食用としてだけではなく、皮膚に直接塗ることもできます。

治療薬としての効果も報告されているので、今後ココナッツオイルを用いた医療品も出てくるかもしれませんね。

最後に

まさにココナッツオイルは健康油、そして”食べると痩せるオイル”と言っても過言ではないでしょう。

また、食べるだけではなく身体に塗ったりすることもできるので、万能油として活用してみてはいかがでしょうか。

ただし、過剰な摂取は控えましょうね。

Sponsored Link



合わせて読みたい記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



prof

☆SNSもよろしくお願い致します☆

follow us in feedly


ライフハック男子ブログ管理人です。

ゆとり世代、趣味は筋トレと野球観戦。最近更新は不定期です。

PAGE TOP ↑