*


ダンベルによる筋トレで二の腕(上腕三頭筋)を太くするトレーニング方法

公開日: : 最終更新日:2016/11/02

【この記事の所要時間:約 3 分】

http://www.photo-ac.com

最近になって筋トレを始めました!

いつも「やろうやろう」と言うばかりで行動に移せてなかったのですが、今回ばかりは本気で取り組んでいます。

トレーナーから色々と教えてもらったり、筋肉トレーニングに関する情報もたくさん集めていまして、結構詳しくなっています。(笑)

さて、今回は僕自身も頑張って太くしようとしている二の腕のトレーニングに関して書いていこうと思います。

具体的にはダンベルを使った上腕三頭筋の鍛え方です。私も現在進行形で教えてもらいながら行っているので是非参考にしていただければと思います。

Sponsored Link

ところで上腕三頭筋とは何か?

上腕二頭筋というのは何となく分かるのですが、上腕三頭筋って一体どの部分なんでしょうか?

そもそも二の腕というのは、上腕と呼ばれる部分で上腕二頭筋と上腕三頭筋があります。

ここで説明する上腕三頭筋とは、3つの筋肉が集まるもので、外側頭、内側頭、長頭の部分です。

簡単に言うと、二の腕の裏側にあたる筋肉で、普段使う機会のない筋肉の場所になります。

なので、鍛えにくい箇所だと言われているのです。
ただ、たくましい二の腕、太い二の腕を手に入れたければ、上腕三頭筋を鍛えるのは必須項目になります。

さて、私も筋トレを開始して上腕三頭筋を意識して鍛えるようにしています。

ここでは、上腕三頭筋をダンベルで鍛えるおすすめの方法を2つ紹介したいと思います。

上腕三頭筋を鍛える「トライセップスキックバック」

聞きなれない言葉が出てきましたが、種目名として「トライセップスキックバック」と呼ばれているトレーニング法です。

ダンベルを持った手の肘を固定したまま伸ばします。

肘を伸ばした状態で静止するとより効果が期待できます。
(腕をピンと伸ばすことがポイント)

http://netakomi.asia

出典:http://netakomi.asia

回数は10回〜15回程度で限界がくる重さで行います。

これを3セット行えばいいでしょう。

Sponsored Link

上腕三頭筋を鍛える「ダンベルフレンチプレス」

次は「ダンベルフレンチプレス」と呼ばれる方法です。

後ろでダンベルを持ち、そのまま上腕三頭筋の収縮が感じられるぐらいまで持ち上げてください。

片方ずつ行う方法もありますが、両手で一つのダンベルをもって行うこともオッケーです。
上下の稼働領域を大きくすることで効果を発揮します。

http://netakomi.asia

出典:http://netakomi.asia

これも10回〜15回で限界がくる回数を行います。

3セット行うといいでしょう。

まとめ

実際に私も同様のトレーニングを行っていますが、かな〜りキツイです・・。

辛い分、トレーニングの効果も充分発揮するのでしっかりと継続して行いましょう。

もちろん筋トレ後は30分以内にプロテインを飲んで超回復を待ちましょうね!

だいたい2〜3日ぐらいの間隔で行うといいでしょう。その間、私は別の部位を鍛えています!

Sponsored Link



合わせて読みたい記事はこちら

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



prof

☆SNSもよろしくお願い致します☆

follow us in feedly


ライフハック男子ブログ管理人です。

ゆとり世代、趣味は筋トレと野球観戦。最近更新は不定期です。

PAGE TOP ↑